男性の多くはAGA(男性型脱毛症)による抜け毛が原因。

毛髪は4~6年をかけて成長期→退行期→休止期へと移項し、古い毛髪が抜けて新しい毛髪が生えるというサイクルを繰り返します。薄毛とは、本来のサイクルよりも早い段階で毛髪が抜けるため、次の毛髪が太く育つ前に細い状態で生えてきてしまうことを言います。
薄毛の原因となる抜け毛で最も多いのが、男性ホルモンの影響による「AGA(男性型脱毛症)」です。AGAは額から頭頂部にかけて毛髪が薄くなるのが特徴で、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、毛乳頭内の受容体に結合することで発毛や毛髪の成長を妨げます。
AGAの治療には、この5αリダクターゼの活性を抑制し、抜け毛を予防する「プロペシア」による治療が最も有効で、ご希望の方に処方を行っています。

AGAのプロセスとプロペシアの働き

AGAのプロセスとプロペシアの働き

また、抜け毛には遺伝の要素もありますが、その発生を遅らせることは可能です。毛髪は毛乳頭に栄養分が運ばれ、毛髪のもとである毛母細胞が細胞分裂を行うことで成長します。ですから、毛乳頭に栄養成分を送り込めるように、育毛ケアによって健康な頭皮環境を整えておくことも大切です。
ちなみに頭皮環境を悪化させる原因には、ストレスや頭皮の毛穴の汚れ、生活習慣や食生活の乱れなどがあります。トキコクリニックでは、それぞれの原因に対応したケアを取り揃え、提案を行っています。まずはクリニックまでご相談ください。

症例写真

※治療結果や必要な治療回数には個人差が有ります。

34歳 会社員 男性

AGA治療 症例写真1 Before
Before
AGA治療 症例写真1 After
After
AGA治療 症例写真2 Before
Before
AGA治療 症例写真2 After
After

女性は頭皮環境の悪化とホルモンバランスの乱れが原因。

近年、薄毛や抜け毛に悩む女性が増加傾向にあると言われています。その最大の原因は、血行不良による頭皮環境の悪化とホルモンバランスの乱れです。
毛髪は毛乳頭を介して栄養分を運び、毛髪のもとである毛母細胞が細胞分裂を行うことで成長します。そのため、栄養成分がしっかりと送り込めるように頭皮の血流を活発化させて毛穴の汚れや皮脂を取り除き、清潔な頭皮環境を作る必要があります。
また、加齢によるホルモンの低下によって毛髪が細くなり、薄毛の原因となることもあります。

その他、食生活の乱れやストレスや睡眠不足といった生活習慣が原因となり、抜け毛を誘発することもあります。トキコクリニックでは、頭皮や身体の状態を総合的に判断し、適切なケアプランを提案しています。

最適な治療方法

最適な治療方法
毛穴の皮脂や汚れを取り除き、清潔な頭皮環境を作る。
  • 頭髪ケア
頭皮や身体全体の血流を改善。
ホルモンの低下によるホルモンバランスの乱れを整える。
毛髪に必要な栄養成分を補給する。
ページのTOPへ移動します。