肝斑・色素沈着治療の救世主!

最新の肝斑・色素沈着治療。
安全に短期間で改善できる、と大好評です!
アトピー性皮膚炎が落ち着いた後に残った色素沈着にも効果あり!

最新の肝斑・色素沈着治療。安全に短期間で改善が出来る、と大好評です。
毛穴を引き締め、肌のはりを出す美肌効果もあり、治療後のダウンタイムもないため、美容治療が初めてという方はもちろん、いろいろな美肌治療を行って来た方にもおすすめの治療です。
施術時間も短いので、忙しくて長時間かかる治療は無理という方にもおすすめ。
アトピー性皮膚炎が落ち着いた後に残った色素沈着にも効果あり!

レーザートーニングが効くわけ

肝斑や色素沈着は、何らかの影響でその部分に常に炎症が続き、メラニンが生成されている状態です。
強い刺激を加えると、さらに炎症が強まり症状の悪化を招くため、レーザーや光治療は禁忌とされてきました。ですから、肝斑や色素沈着の治療方法は、内服や塗り薬、美白成分の導入などをコツコツ行い、時間をかけて改善をしていく方法しかありませんでした。

そこで登場したのが、QスイッチYAGレーザー「MedLite」を使用したレーザートーニングです。
名前の通り、レーザーを使用した肝斑・色素沈着治療ですが、これまでのレーザーとは違い、均一な形で肌に炎症を与えないほどの弱いパワーを照射することができ、皮膚の中のメラニンだけを破壊することが出来るため、症状を悪化させることなく効率よく安全に結果を出すことが可能になりました。
これまでの肝斑・色素沈着治療よりも効果が現れるスピードが早く、くすみや色むらの改善、毛穴の引き締めなどの美肌効果もあるため人気の高い治療方法です。

レーザートーニングは回数を重ねるごとに効果が現れます。

レーザートーニング 治療前~治療2週間後
※週に1回のペースで5~10回の治療が目安です。

症例写真

※治療結果や必要な治療回数には個人差が有ります。

Case1:7回治療1週間後

レーザートーニング 症例写真1 Before
Before
レーザートーニング 症例写真1 After
After

Case2:8回治療2週間後

レーザートーニング 症例写真2 Before
Before
レーザートーニング 症例写真2 After
After

Case3:5回治療1週間後

レーザートーニング 症例写真3 Before
Before
レーザートーニング 症例写真3 After
After

Case4:4回治療1週間後(アトピー性皮膚炎後の色素沈着)

レーザートーニング 症例写真4 Before
Before
レーザートーニング 症例写真4 After
After

こんな方におすすめ

レーザートーニング 肝斑

肝斑
短期間で肝斑を改善したい方。通常の肝斑治療ではなかなか思わしい効果の出ない方。

レーザートーニング 毛穴周囲の色素沈着

毛穴周囲の色素沈着
毛穴の黒ずみにも見える毛穴の色素沈着を改善したい方。

レーザートーニング アトピー性皮膚炎による色素沈着

アトピー性皮膚炎による色素沈着
湿疹が落ち着いた後の色素沈着を改善したい方。

  • 1年以上取れない色素沈着でお悩みの方。
  • 肌のくすみや色むらが気になる方。
  • 毛穴を引き締め、肌のはりを出したい方。

など。

レーザートーニング Q&A

痛みはありますか?治療時間は?

痛みというよりは、パチパチとした熱感を感じます。治療に必要な時間は、肝斑部分だけの場合で5分程度、お顔全体でも15分程度で終了します。

治療はどれくらいのペースで何回くらい必要ですか?

症状によって個人差がありますが、週に1回のペースで5~10回の治療が目安です。
1回の治療でも肌のはり感などの美肌効果を感じる方が多くおられますが、肝斑や色素沈着などの軽減は、2~3回目くらいから効果を感じる方が多いようです。

治療直後の肌はどんな状態ですか?

少し赤みが出ますが、ほとんど分からない程度です。直後からお化粧も可能で、周囲の人に気づかれることもありません。
レーザートーニング治療期間中は、治療効果を高めるために、ビタミン・トラネキサム酸の内服(保険適応)と、ハイドロキノンやトレチノインなどの美白剤の塗り薬の併用をおすすめしております。

レーザートーニング 施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

詳細はコチラ

ページのTOPへ移動します。