プラセンタ

弱った身体や皮膚を本来の健康な状態に戻す手助けをしてくれます。

プラセンタは日本語で「胎盤」を意味します。胎盤は、妊娠中に赤ちゃんに栄養を送る、いわば栄養素のかたまり。たんぱく質やミネラル、ビタミン、酵素など、生命の維持や女性として身体に必要なものが豊富に含まれています。つまり、細胞の活性化、免疫力の強化、抗炎症作用、血流の促進、代謝の改善、自然治癒力の強化、自律神経バランスの調整など、身体を健康な状態に戻す手助けをしてくれるのがプラセンタです。

身体に現れる症状は、すべて不調のサイン。症状をただ抑えていても、根本の改善がなされなければ意味がありません。プラセンタは、症状をもとから改善する働きがあります。また、プラセンタには優れた抗酸化作用があります。お肌のはりやシミ、シワなどのお悩みにも、細胞レベルで若返らせる効果があるので、アンチエイジングに最適です。
胎盤エキスと聞くと、怖い印象を持たれるかもしれませんが、血液などは全て完全に除去された安全なもので、プラセンタ療法が日本に入ってきて数十年になりますが、現時点で大きな副作用が起こった報告はほとんどありません。

プラセンタ注射

プラセンタ注射

お尻か腕に注射を行います。基本的に週1回程度のペースでの継続を勧めております。使用するプラセンタは、「ラエンネック」「メルスモン」の2種類。いずれも人間の胎盤から抽出したヒトプラセンタ100%です。症状にあわせてプラセンタの種類や使用量をセレクトしていきます。

プラセンタ固めうち注射(チケット使用)

プラセンタ注射を1~2ヶ月の間で集中して行う方法です。最大限の効果を引き出すためには、まず、体内のプラセンタ量をマックスの状態にキープすることが大切です。

そのため、トキコクリニックでは、一定の期間内にまとめて注射を行う、「固めうち」治療をおすすめしています。30本分のチケットをご用意しておりますので、ご自分のスケジュールに合わせて、1回の使用量を調整しながら通っていただけます。実際に通院中の患者さんで、生まれた時からのアトピー性皮膚炎で30年以上悩んでいた方が、2ヶ月間の固めうちを行い、脱ステロイドに成功し、劇的な改善をされました。頻繁に注射をして大丈夫なのかと心配される方もおられると思いますが、プラセンタは本来、毎日の注射でも問題ないといわれています。

プラセンタ注射 施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

詳細はコチラ

ページのTOPへ移動します。