フードアレルギーテスト

フードアレルギー

食物のアレルギーが出た時の症状といえば、蕁麻疹やかゆみなどを思い浮かべますよね。この反応を引き起こすのがIgEといわれる免疫を司るたんぱく質です。現在、日本で行われている食物アレルギー検査はこのIgE(即時型アレルギー)の検査で、食後30分以内に症状が現れるアレルギーを調べる検査です。実は、もう一つ、相性の悪い食べ物が原因で、明らかな反応を起こさず、気付かないうちにゆっくり進行するアレルギーがあります。そのアレルギーは慢性的に体の奥深いところで反応、炎症を引き起こし、老化や老化と関わる様々な病気の原因になります。この反応を引き起こすのがIgGといわれる別の免疫たんぱく質です。

実は90%以上の人に何らかの食物に対するIgGのアレルギー陽性反応が認められるのですが、明らかなアレルギー反応はなく、自覚症状が現われないので、検査をしなければ相性の悪い食べ物を見つけることは出来ません。それなのに日本ではこのIgG(遅延型アレルギー)の検査がありません。アトピー性皮膚炎や慢性湿疹は、IgEによって引き起こされた反応ではないので、本来であればIgEの検査結果とは必ずしも一致しないと考えられているにも関わらず、他の検査がないために便宜上、この検査を行っているというのが現状です。

そこでトキコクリニックでは、アメリカの検査会社に依頼し、94種類の食品に対するIgG検査を行っています。アレルギーのある食品が判明し、その食品を避けることで皮膚トラブルの改善、体の不調部分の改善、慢性疲労や頭痛、不眠などの慢性疾患の改善、老化防止(抗酸化作用)が期待できます。アトピー性皮膚炎や慢性湿疹でお悩みの方、慢性疾患でお悩みの方は、ぜひぜひ検査を受けてみてください。

検査は、指先から血液を数滴採るだけで終了するので、とっても簡単です。

フードアレルギーテスト Q&A

何種類の食物に対する結果が出るのですか?

94種類です。

今まで食物でアレルギーが出たことはないのですが、調べる必要がありますか?

短期間に反応が出るアレルギー(IgEという抗体)ではなく、特別症状が出ず、徐々に病気や慢性的な不調の原因となり、老化を早める食物を知ることが狙いです。

相性の悪い食物を知って、その後それらを食べないようにすればいいのですか?

特定の食物がダイエットやアンチエイジングに効果がある、というような情報が氾濫していますが、全ての人に有効なわけではありません。情報に振り回されず、自分のからだをよく知ることが、ダイエットにもアンチエイジングにも効率がよく、近道になるのです。食生活は基本ですから、自分の食生活を見直す必要はありますが、相性が悪いとされた食物を一切口にしない、など極端に変える必要はないでしょう。

自覚症状が変化しますか(効果を実感しますか)?

今現在何らかの症状や病気をお持ちの方であれば、アレルギーの原因となる食べ物を避けることで、徐々に改善が得られるはずです。自覚症状がない方にとっては改善効果よりも、将来発生しうる病気の原因を取り除く予防となります。

※検査の結果が出るまでに約1ヶ月のお時間をいただきます。

フードアレルギーテスト 施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

詳細はコチラ

ページのTOPへ移動します。