ドクター

総院長 小村 十樹子(こむら ときこ)

私は自分のことをとても器用で研究熱心だと思っており、クリニックを始めて20年の間に、トキコクリニックの治療は進化発展をしてきたという自負もあります。
しかし、私一人ではたくさんの患者さんのお手伝いをすることはできず、優秀な先生と出会うたびに仲間に加わってもらって今のチームができてきました。
治療内容によっては私よりはるかに優秀かつ腕のいいドクターを、私がこの目で選んできました。
それによって多岐にわたる治療メニューを提案できるようになり、現在ではお越しいただく患者さん方のあらゆるお悩みにお答えできる準備ができています。
相性もとても大事ですから、ご自分に合うドクターを見つけてくださることができるように、私から各ドクターの紹介をさせていただきます。
一人一人個性豊かで素晴らしい人ばかりですが、その中で患者さん方が「私はこの先生が好き」と思えるドクターを見つけてくださることができれば、こんな嬉しいことはありません。


梅田院 院長 先山 史(さきやま ふみ)
梅田院 院長
先山 史
(さきやま ふみ)
京都院 院長 村川 幸稔(むらかわ ゆきとし)
京都院 院長
村川 幸稔
(むらかわ ゆきとし)
医師 朴 順華(ぱく じゅんか)
医師
朴 順華
(ぱく じゅんか)
トキコクリニック皮膚科形成外科 院長 名越 由佳(なごし ゆか)
トキコクリニック
皮膚科形成外科 院長
名越 由佳
(なごし ゆか)
総院長 小村 十樹子(こむら ときこ)
総院長
小村 十樹子
(こむら ときこ)

梅田院 院長 先山 史(さきやま ふみ)

小村十樹子が見る 先山史先生とは

梅田院 院長 先山 史(さきやま ふみ)

年齢よりはるかに若く見え、かわいくて美しいため、ドクターとして頼りなくみられることもあるようですが、見かけとは正反対の超絶凄腕女医です。
勉強熱心で器用で、女医ならではのデザイン力があるので、ヒアルロン酸ボトックス注入はとても上手です。
私はいつも、彼女にしてもらっています。
美的センスが抜群で、とにかく美容が大好き! ファッションセンスもよく、メイクもとても上手。きれいになりたい人、若返りたい人には特におすすめです。
彼女自身が肌が弱いこともあり、シミやくすみや肌のトラブルの治療ももちろん専門分野であり、それに伴う栄養療法点滴療法メディカルエステの分野にも詳しいですから、ぜひお気軽にご相談ください。
3人の子の母親であり、いつも医師、母、妻、の役割をどのように大切にしていくかを真剣に考えているような人で、多くの女性にとって信頼できるドクターだと思います。
意外に体育会系でスキーが上手、スポーツ大好きで、今はゴルフを一生懸命練習していて、なにをするにも熱血なのが面白いです。

患者様へのメッセージ

私は北海道の旭川市で生まれ幼少期はかけっこや鉄棒が大好きで、高校卒業までを大自然の中でのびのびと過ごしました。医学部在学中は競技スキー部に所属し、学業とスポーツとを両立させながら過ごしました。
そんな体を動かすことが大好きな私ですが、ここ数年は幼少期にあったアトピー性皮膚炎が再発したり、咳喘息を発症して運動すると咳こむようになったりと、アレルギー体質に悩まされていました。そして今まで当たり前に行っていたその場しのぎの症状を抑えるような治療に疑問を持ちはじめていました。また自分も年齢を重ねることで肌や体形の変化を切に感じてきてもいました。そのような時にこのトキコクリニックと出会い、「健康だからこそ、美しい」というトキコ先生の治療指針にとても感銘を受けました。そして自分自身も栄養療法や血液クレンジングなどの治療を受け、それらの症状を改善することを体験したのです。
このトキコクリニックで患者様の美と健康のために熱意をもって診療に当たるドクターやナース、またとても美意識が高く患者様のために最善をつくすビューティーコンシェルジュやクリニックスタッフから、日々多くの刺激を受けています。また彼らと共に診療に携わる事が出来ることをとても幸せに思います。
これからも多くの患者様と出会い、患者様の美と健康のために少しでもお力になれるよう、出会いを大切に勤務していきたいと思います。

PROFILE

北海道生まれ、北海道育ち。
2003年帝京大学医学部卒業後、同大学形成外科に入局。大学や関連病院にて勤務。
その後皮膚科診療に携わり、都内の皮膚科形成外科クリニック院長を務める。
2011年地元の市立旭川病院皮膚科勤務を経て、2015年3月より淀屋橋院長に就任。2016年8月より梅田院長に就任。

日本形成外科学会 日本抗加齢学会 日本美容皮膚科学会所属
ジュビダームビスタ認定医 ボトックスビスタ認定医

京都院 院長 村川 幸稔(むらかわ ゆきとし)

小村十樹子が見る 村川幸稔先生とは

京都院 院長 村川 幸稔(むらかわ ゆきとし)

10年以上大手美容外科で第一線で活躍していたドクターですが、友人としておつきあいする中で、私の患者さんに対する思い、彼の患者さんに対する思いを何度も飲みながら話し合い、本当に一緒に仕事がしたいと思うようになり、口説いて仲間に加わってもらいました。
美容外科医としての腕が一流であることは、トキコクリニックのたくさんのスタッフたちが彼の手術を受けていることでも明らかですが、手術だけではなく、ヒアルロン酸注入糸のリフトも腕が良すぎて、患者さんがその仕上がりに驚くこともしばしばです。
また、治療を受けた後の患者さんの不安や心配ごとに対しても真摯に対応する姿には、いつも頭が下がります。
あらゆる意味で「結果」を約束することができるドクターです。腕も人柄も、私が自信を持っておすすめします。
ゴルフがとても上手で、なにをやらせても器用なんだなといつも思っています。

患者様へのメッセージ

「美容治療って痛いの? 高いの? 効果あるの?」
よく聞かれる質問ですが、貴方もそう思っていませんか?
専門医として、10万症例以上の美容経験から「オーダーメイド治療」を得意としています!貴方の「もうちょっと○○だったらいいのになぁ・・」を聞かせてください。
様々な美容治療を自分でも経験しているので、メリット・デメリットもすべて必ずお伝えした上で、何でも美容治療するのではなく、必ず貴方の価値観にあったオンリーワンを提案します!
一緒に「ハッピーな未来」を創造しませんか?

PROFILE

2001年に東海大学医学部卒業後、同附属病院勤務。2003年より国内最大手といわれる美容外科グループに勤務し、10年以上に渡り関西3都市(京都、神戸、梅田)で院長を歴任。手掛けた症例数は10万件を超え、トップクラスの実績を誇る。2015年より新鋭美容皮膚科院長として、最新のレーザー治療を習得。2016年よりトキコクリニックに参加。2016年11月より京都院長に就任。

日本美容外科学会認定専門医 ジュビダームビスタ認定医 ボトックスビスタ認定医 サーマクール認定医
日本美容外科学会(JSAS) 所属

医師 朴 順華(ぱく じゅんか)

小村十樹子が見る 朴順華先生とは

医師 朴 順華(ぱく じゅんか)

私がクリニックを始めてから間もなく、1999年からずっと一緒に仕事をしてくれています。
進化発展を遂げてきたトキコクリニックの治療内容とともに、彼女は進化してきました。
その間に計4回、妊娠出産でお休みをしましたが、毎回3か月ぐらいですぐ復帰してきてくれて、現在も4人の子供たちの育児とトキコクリニックでの仕事を両立させて頑張っています。
皮膚科医ならではの皮膚トラブルへの細やかな治療にはずば抜けたものがあり、レーザー、美容マシン、メディカルエステ、化粧品などの知識が豊富です。
もちろん、ヒアルロン酸、ボトックスの治療も上手で、なんでもできるママさんドクターです。
私が信頼する、そして大好きな人です。

患者様へのメッセージ

健康で美しく若々しく、いくつになってもおしゃれを楽しみ、充実した毎日を過ごしたい。
心と体と肌はつながっています。健康でこその美しさがあります。
にきび、肌荒れ、シミ、シワ、タルミの1つが解消されただけで気分が上がり、心も軽く、明るくなります。
その気持ちの明るさは美しさにもつながります。是非、実感して下さい。
その悩みは外側から見える肌の治療だけでは解決できないことがあります。
患者さんの悩みに、外側と内側の両方からアプローチします。
一人一人に最適な治療を提案し、美しさのお手伝いができればと思います。

PROFILE

1996年大阪医科大学卒業後、大阪市立総合医療センター皮膚科をはじめ、大手総合病院皮膚科に勤務を経て、1999年4月よりトキコクリニック勤務。4人の子供の母でもあり、話しやすく、親しみがあり、患者さんからの信頼も厚い。漢方治療から、レーザー、ヒアルロン酸、ボトックス注射まで、オールラウンドにクオリティの高い治療を行う、優秀で器用なドクターである。

日本皮膚科学会認定、皮膚科専門医
美容皮膚科学会、日本抗加齢医学会 所属

トキコクリニック皮膚科形成外科 院長 名越 由佳(なごし ゆか)

小村十樹子が見る 名越由佳先生とは

トキコクリニック皮膚科形成外科 院長 名越 由佳(なごし ゆか)

形成外科医としてずっとオペをしてきた人には珍しい、とても慎重な人です。勉強熱心でまじめな人柄で、新しい治療も自分の中で完璧になるまで何度もトレーニングを繰り返します。
患者さんの中には、こわがりな人、慎重な人、心配性な人がたくさんいらっしゃいますが、そういう方は是非、彼女の診察を受けていただきたいのです。
彼女ほど慎重、かつ確実なドクターを、私は見たことがありません。
私は積極的なほうで、、例えば患者さんが「痛くないですか?」とお尋ねになったら、「たいしたことないですよー。(実際たいしたことないと思っている)」とお答えして、その治療がその方に向いていると思ったら、ついおすすめしてしまう傾向があるのですが、彼女はそうしません。ゆっくりと寄り添って、患者さん自身が絶対大丈夫と思えたことしかおすすめをしません。
「イケイケ」の方は私に、超慎重派の方は彼女にご相談ください(笑)
身体が弱ったご両親をいつも気にかけてお休みの日には病院に付き添ったりしている、心優しい素敵な女医です。

患者様へのメッセージ

学生の頃から外傷治療に興味があり形成外科医として働いてきましたが、多くの患者様と出会う中で「いつまでも健康で若々しくありたい。美しくなりたい。」と願う方々がとても多いことを実感しました。それに加え、既存の保険治療では治せない疾患が多々ありジレンマを感じておりました。
そんな中トキコクリニックと出会い、本当の健康と美を多くの患者様にご提供するため日々精進しております。
今まで培った形成外科や皮膚科での経験をいかし、患者様一人一人のお悩みに対して真摯に向き合い、ご希望に沿った最適な治療をご提案し、最後までしっかり対応させていただきます。
些細なお悩みでもお気軽にご相談ください。

PROFILE

2005年広島大学医学部卒業後、初期研修を経て、大阪大学形成外科に入局。
大学病院及び関連施設にて、形成外科の診療に携わる。
形成外科診療の中、皮膚科の専門知識の必要性を感じ、近畿大学医学部皮膚科で一版皮膚科を学ぶ。
さらに、美容やアンチエイジングを極める思いで、2016年4月よりトキコクリニック勤務。2017年4月よりトキコクリニック皮膚科形成外科 院長に就任。

日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会(JSAPS)、日本抗加齢医学会、美容皮膚科学会、創傷外科学会 所属

総院長 小村 十樹子(こむら ときこ)

総院長 小村 十樹子(こむら ときこ)

勤務医時代、皮膚科医としてたくさんの患者さんの肌トラブルを診てきて、マニュアルどおりの治療ではよくならないと確信するようになり、患者さんにとって良いと考えられるものはなんでも取り入れる治療を目指して、自分のクリニックを立ち上げたのが1996年のことでした。
当時はアトピー性皮膚炎、ニキビの治療を専門にしておりましたが、皮膚科の世界ではアトピーではステロイドをぬるだけの治療、ニキビは抗生剤を出すだけの治療があたりまえでした。
しかし、私はそれに対し疑問を感じ、症状を抑えるだけでなく、本当に治る治療をしたいと思ったのでした。

私は、試行錯誤の中で、ニキビアトピーの個々の患者さんの問題点を探し出し、その解決に向けて患者さんと一緒に取り組むという治療方法を構築しました。
そして、そのうちに心の健康と肌の健康が密接に関係していることにも気づき、シミシワ肌のたるみなども一生懸命治療するようになりました。
そして 自分がしている仕事は、単に肌を治しているのではない、それによって「ハッピーになる」お手伝いをしているのだと、強く思うようになりました。
どんどん新しい治療やマシンが発明されるので、それを自分の目で選んで、患者さんに喜んでもらえると思ったものはいち早く取り入れ、今まで治せなかったものも治せるようになってきました。
しかし、どんなに頑張っても、力及ばずで悔しい思いをすることはなくなりませんでした。
患者さんすべてをハッピーにすることが目標なのに、いい結果が出せないばかりに、がっかりさせたり、不安な思いをさせたり、ときには怒らせてしまうこともありました。

その一方、自分のことはと言えば、10代、20代と重症のニキビに悩んだだめに皮膚科医になったものの、今度は30代では、冷え症や慢性疲労、胃腸障害や、皮下脂肪に悩み続けるという情けない状態でした。
しかし、40代になって今までの医療とは全く違う、新しい観点に出会ったのです。
それは、血液クレンジング各種点滴栄養療法(ビタミンミネラルなどの補充療法)、ピラティス、加圧トレーニングなどでした。
そういったことをすべて実際に行った結果、今までの人生の中でもっとも元気で、肌のトラブルに悩まされることもなくなったのです。
もちろん、年齢とともにそれなりにシワもあるし、たるみもありますが、今までで一番元気でハッピーです。

若々しく美しくなるには、「外からの治療」だけでは足りない。身体の中にも働きかけなければならない。そう気づいたのです。
そして生まれたキャッチフレーズ、「健康だからこそ美しい」。

私たちトキコクリニックのメンバーは、すべての患者さんに、健康と若さと美しさを実感していただくために全力を尽くしています。トキコクリニックにお越しいただいたことで「ハッピー」な気持ちになっていただけたら最高だと考えています。

美と若さは「外からの治療」と「中からの治療」、両方が必要です。
そのためのあらゆる治療が、ここにはあります。

PROFILE

大阪生まれの大阪育ち。娘が二人、猫一匹の家族構成。
1992年神戸大学医学部卒業後、アトピー性皮膚炎やニキビ治療に専念。
1996年10月に、心と身体と肌の健康を目指した美容皮膚科クリニックを開設。
最新美容マシンを取りそろえ、その他の新しい美容治療も、常に大阪でいち早く取り入れてきた結果、全国でも有数の症例数を誇るようになった。
その一方、美しさは外的治療だけでは極めることができないとの考えから、体質改善、内面からの健康を目指して、漢方や鍼灸といった東洋医学治療にも力を入れてきた。
多くの難治性疾患の患者さんと接する中で、よりよい治療を探し求め続けた結果、「健康だからこそ美しい」という考えにいたり、本当の健康と美を、一人でも多くの方に手にしていただきたたいと、強く思うようになった。
そのために、従来の美容治療は勿論のこと、病気にならないための治療、ガン予防、アンチエイジング治療にますますの情熱を燃やして、治療を展開中である。

クリニックスタッフ

メディカルエステ スタッフ

ページのTOPへ移動します。