切らない、痛くない、ダウンタイムの少ない、まるでフェイス鍼治療のようなスレッドリフト

細い注射針により、髪の毛よりも細い吸収性糸を、たるみの気になる部分の皮下に連続で挿入していきます。針の中にV型の糸が入っており、針を抜くときに糸だけが皮下の残るという原理です。

ウルトラVリフト
ウルトラVリフト デザイン

いわゆる「しつけ糸」の要領で、皮膚を引き上げつつ、ピンで留めていくように皮下組織を固定していきます。さらに引き上げたいベクトル(方向)への牽引効果も得られるのがこの方法の特徴です。
動画を見ていると「痛そう・・・」という印象をお持ちになられるかもしれませんが、麻酔クリームを使用しますので、痛みの苦痛なく受けることができます。

挿入する糸はPDSという、外科一般で使用される吸収糸であり、世界でもその安全性は確立されています。糸にはアプトスなどのようにかえし(イガイガ)がついておらず、組織損傷も非常に軽微で、腫れや変形もほとんどありません。約半年~1年で吸収される間に、皮下組織内にコラーゲンを増性させ安定化しますので、美肌効果は持続すると言われています。

そのままお買い物に行けちゃうくらいのお手軽リフトアップ治療

※治療結果や必要な治療回数には個人差が有ります。

ウルトラVリフト 症例写真1 Before
施術前
ウルトラVリフト 症例写真1 After
施術直後

ウルトラVリフトの良いところは、ダウンタイムが非常に少なく、即効性があるということです。上の症例写真のとおり、直後は若干の腫れ感はあるものの、明らかな腫れはありません。そして、治療の直後からリフトアップ感を感じていただけます。直後にお出かけも出来てしまうくらいにお手軽な治療なので「ショッピングリフト」とも呼ばれています。

現在フェイスリフトは、皮膚を切除する手術療法や、アプトス・ハッピーリフト等のスレッドリフトが主流ですが、この方法はヒアルロン酸等の注入療法やボトックスリフトのような手軽さ・簡便さを持った次世代フェイスリフトと言えるでしょう。

内出血や腫れが気になる方には「超・冷却エレクトロポレーション導入」がおすすめ!

超・冷却エレクトロポレーション導入

針を使用するので、内出血の可能性を避けることは出来ませんが、当院では治療前後に0℃前後でしっかりと冷却を行うことで内出血の予防を行っています。
また、冷却と同時に、エレクトロポレーション&超音波で有効成分を導入することで、内出血・腫れの予防だけでなく、肌のはり・リフトアップの効果をさらに引き出すことができるのでオススメです。

ウルトラVリフト 施術料金

費用についてはこちらをご覧ください。

詳細はコチラ

ページのTOPへ移動します。